MA2+

MA2の暮らしを綴る MA2+プリュス。
<< 四国旅行(2) | main | 四国旅行(4) >>
四国旅行(3)

あれよあれよという間に前回から随分たってしまいました。
旅先ではあんなにめーいっぱい楽しめる時間があるのに、
普段の生活の中では1日って本当にあっという間ですねぇ。
というわけで、まだまだ続く旅の2日目、後半戦です。

この日は、伯方島を出発していよいよ四国本土に上陸。
宿泊先のある香川県琴平温泉まで直行だったので、
道中はひたすら窓から見える景色を楽しむ。
それにしても島ではほんとにのんびーりとしていたもんだから、
窓から眺める街並みががらりと変わってくると
なんだかちょっと現実に引き戻された気持ちになった。

そして午後の3時半頃、無事琴平温泉に到着する。
宿泊先は、金比羅山のふもとにある「琴平花壇」というホテル。
老舗旅館を上手に改装したとてもおしゃれなホテルだった。
女性に嬉しいエステ棟もありましたよ。



この日のお宿、「琴平花壇」。外観もモダンなたたずまい。



夜はここでカクテルを飲んだりしてちょっとおしゃれな夜を過ごす。



ところで、金比羅山といえば、やっぱりこんぴらさん参り。
琴平温泉に泊まると周りに話したら、「こんぴら参りしてらっしゃいな」
とみんなから勧められていたし、
実家の母からは「近くに泊まって参らへんなんてバチあたりな!」とまで
言われてしまったものだから、実はあんまり乗り気ではなかったのだけど、
夕食前にお参りする事に。
これが、ひたすら石段、石段、まだ石段。
想像していた以上の数にびっくり、まさに苦行。
途中疲れて「やっぱりやめときゃよかった」と愚痴をこぼしたりしたのだけど、
登りきるとなんだか晴れ晴れとした気持ちになって、
何でも思いが叶うような気さえした。
案の定、ホテルに戻った頃には足がピクピクしてましたけどもねぇ。



参道はおみやげ屋さんが並ぶ。



到着ー!でなく、大門。これからが本番。
門の前で堂々と宣伝しているのは銀座資生堂パーラーのカフェ。
参道の途中にあるらしかった。なんだかちょっとにつかわしい。
でも、甘いもの食べたら疲れも吹き飛びそうだね。



全部で780段近くあるらしい、よくもまあこんなに造ったもんだ。



杖をつきながら歩くおばあちゃん達、後ろ姿がなんだかかわいらしい。



まだちょっと余裕な時の私。この笑顔もあと数段で終了。(涙)



本堂の横には参集所や斎館といった施設が入った「緑黛殿」という建物がある。
建築家鈴木了二氏が設計し、村野藤吾賞を受賞した建物。
これがなかなかかっこよかった。
目にしてはじめて気がついたので苦行の末のご褒美だったのかも。
お参りしにきてよかったね、やっぱり。

ホテルに戻るとおまちかねの夕食。
前の日がお魚三昧だったのでこの日は「讃岐コーチンの塩スープ鍋がついた
和会席料理」にした。
写真を撮り忘れたのでなんとも伝えにくいのだけど、
これがどれも美味しくて大満足。
茶わん蒸しなど定番料理も味がしっかりしていて美味しかったし、
讃岐コーチンもぷりぷりしていてスープにとても合っていた。
デザートも美味しくて満腹なお腹にすんなり入ってしまった。

お部屋も食事も温泉も全てがバランスよく、居心地のいいホテルだった。



こちらは朝食。朝からなんともぜいたくな食事。
昔は旅行先でもパン食だったのだけど、最近はもっぱら旅は和朝食がお気に入り。

いよいよ旅も最終章を迎えますよ。
たった3日間の旅行なのに、まあうれしそうに書いてますな〜
とお思いのあなた、すみませんー。(笑)
でも、後もう少しおつきあいくださいませー。

Travel in Shikoku 16:14 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
facebook
facebook MA2
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS