MA2+

MA2の暮らしを綴る MA2+プリュス。
<< 四国旅行(4) | main | ハワイアンで本格ディナー >>
四国旅行(5)
香川県では建築家丹下健三氏の代表作、香川県庁舎にも行った。
丹下健三氏といえば、代々木第一体育館や広島平和記念資料館など
日本中にすばらしい代表作がたくさんある巨匠。
そういえば、東京カテドラル聖マリア大聖堂はとても素敵だった。
就職活動で東京に行った時わざわざ一人で見に行ったのだけど、
その時の感動は今でも覚えている。



香川県庁舎は1958年に建てられた東館(元本館)と、
2000年に建てられた本館が並んでいて、新旧デザインを見比べる事ができる。
やっぱり初期の作品、東館はとてもかっこよかった。
今の建築にはない、重厚感がそこにはあるような気がした。
本館と並んでいてもその存在感はやっぱりすごくて、すばらしかった。



なんだかフランスでコルビジェの建物を見ているような気持ちに。
コルビジェに影響を受けていたのがとてもよく分かる。



壁画は猪熊弦一郎氏の作品。
壁画を大胆に使った見せ方や家具などもコルビジェっぽい。

香川県庁舎を後にし、午後3時に予約していた「イサムノグチ庭園美術館」へと急ぐ。
ここは、あらかじめ往復葉書で予約を取る事になっていた。
平日だし1日3回の見学だし私達だけかもよーなんて思っていたのだけど、
到着してびっくり。私達を含む6組、計13人の見学ツアーとなった。
(そういえば、車のナンバーが京都という人もいたな。)
6000峩瓩にもなる敷地には、屋外展示や住居をはじめ
彫刻庭園、作業蔵などがあって、至る所に置かれた彫刻作品は
150点あまりになるらしかった。
彫刻の一つ一つからは、無限に広がる石の魅力を発見する事ができた。
彫刻作品から自然庭園まで、そこにある全てが一つの芸術作品だった。





石垣の向こうには屋外展示がある。ここからは撮影禁止、しっかりと目に焼き付けておく。

約1時間ほどの見学ツアーが終わり、美術館を後にする。
これで今回の旅も全て終了した。
帰りは香川県、徳島県と走り、鳴門大橋を渡って淡路島へ。
香川県からはひたすら高速道路を走る。
なんだか、もったいないような気がするのだけど、淡路島も一気に通過。
なんだかあっけないね。
それでも、以前は遠く感じた四国だったけど今は随分と近く感じる。
またふらっと行きたいわーと思える距離だった。



この旅最後に撮影したのは淡路SAからの夜景。
観覧車もあるし、明石大橋の夜景も素敵だし、なかなかロマンチックなSAでしたよ。
ソフトクリームも美味しいし。


今回の旅、美味しいものもいっぱい食べる事ができたし、苦行も乗り越えたし、
すばらしい建物をたくさん見てますますやる気になったし(得に夫はこれが一番!)
なんといっても日本ってまだまだ素敵だねと再認識できたし。
行って良かったと思える旅になった。

これで旅日記四国編はおしまいです。
私のつたない文章力で旅の魅力の半分も伝えられなかったような
気がするのだけど、「いいねー四国。ちょっと旅行したくなったね」
なあんて思ってくれる方がいたらうれしいです。

それでは、また。
Travel in Shikoku 17:14 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
facebook
facebook MA2
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS