MA2+

MA2の暮らしを綴る MA2+プリュス。
<< 今年も遅めの夏休み。 | main | 東京旅行(1) >>
サントリーの工場見学。

東京旅行の話しが長くなりそうなので、サントリーの工場見学の話しを先に。



今工事が進んでいる「島本町の家」が大山崎の近くという事もあって、前から絶対行こうと話していたサントリー大山崎蒸溜所の工場見学へ行ってきました。
本当は、土日に開催されている有料ツアーに参加したかったのだけど、この日は簡単な無料ガイドツアーを予約。それでも希望した時間はすでに満員、私達が予約した時間も行って見ると定員いっぱいの様子。とにかく凄い人気でびっくり!!



このツアーは、蒸溜所や貯蔵庫を見学しながらウイスキーがどうやってできるのかをガイドさんが丁寧に説明してくれるので、初心者にはもってこい。
元々ウィスキーは苦手な私ですが、説明を聞いてるとなんだかこれは飲まないわけにはいかないぞ!!という気持ちになってしまうから不思議。



建物も木製扉やレンガの外壁が外国の工場みたいでかわいらしい。



こちらは蒸溜所。ここに入るとモワっとした温かい空気に包まれるのだけど、サイズや形の違う蒸溜釜がずらりと並んでいる姿はなかなか迫力があります。この釜を使い分ける事で、色んな味わいの原酒が生まれるのだそう。



これがまさに生まれたての原酒。ウィスキーって元々は透明なのですねぇ。あの独特の色合いは熟成される事によって色づいてゆくだと、初めて知りました。



こちらが貯蔵庫。原酒がこの樽の中で長い年月をかけて熟成されます。
樽はオーク材が使われているらしいのですが、こちらもサイズや形状を使い分けて熟成後の味わいを変えているのだそう。聞けば聞くほど、これは飲まずして帰れぬ!!な気持ちに。



そして最後にお待ちかねの試飲コーナー。
おつまみと一緒に限られた時間の中で飲み比べ。



これが試飲させてもらえる3種類のウィスキー。
左から、山崎のハイボール、山崎12年の水割り、そして最後に白州のハイボール。
個人的には一番左が飲みやすくて美味しかったかな。



グビグビ飲んでる二人。ちなみにもちろんロックも用意してくれますので、当然のように夫はロックでご満悦。
ハイボールって初めて飲んだのですが、美味しいんですねぇ。
お酒ができるまでの長い年月を知ると、一杯のこのお酒が一層美味しく感じました。
恐るべし、ウィスキー!!

なかなか面白くて美味しかったので、これはウィスキー好きな方もそうでない方もみ〜んな一度は行ってほしい、大人の工場見学です。
ちなみに私達は構造担当が東京からきた時に、また行く予定。エッヘッヘ。

Memory 19:26 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
facebook
facebook MA2
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS