MA2+

MA2の暮らしを綴る MA2+プリュス。
<< サントリーの工場見学。 | main | 東京旅行(2) >>
東京旅行(1)

10月の初めに5年ぶりの東京へ、これまた5年ぶりの新幹線で行ってきました。
新幹線ってなぜか興奮してしまうのは私だけなのかわからないけど、とにかく乗り込んだ途端に富士山はいつ見えるん?今どの辺やろ?とビジネスマンに混じって一人そわそわ。楽しい旅の始まりです。



と、そわそわしている合間に気がついたら東京。はやっ。
でも、富士山は見逃さずに見ることができました。やったー!!少し雲がかかっていますが、それもなんとなく富士山らしくて良かったです。



東京駅に着いたのがちょうどお昼だったので、まずは東京駅の駅ナカでお昼ご飯。
仙台の「利久」というお店で牛タン定食をいただきました。
有名な人気店らしく、私たちが行くとすでに行列。その後もどんどんと列が増えていましたよ。お味は普段こっちで食べる牛タン(もちろん焼肉屋さんで食べるやつ)とはまた違った美味しさがありました。仙台って牛タンが名物なのですね。ちなみに写真の奥に見える白いハムみたいなやつは、牛タンのテリーヌです。



こちらは今回の宿泊先、水道橋にある「庭のホテル」。
名前の通りエントランスへ続くアプローチには色んな木々が植えられていて、気持ちのいい素敵なホテルでした。お値段も良心的なのでお勧めです。

ホテルに荷物を置いて仕事をしに行く夫と別れ、ここからは一人で東京散策。
行きたいと思っていたお店や企画展をMyMap+(アプリですよ)に詰め込んでアイフォン片手に出発です。



こちらは「ラ・ロンダジル」。
神楽坂にあるお店ですが、前回お邪魔した時とは場所を移転されていたので楽しみにしていました。新しいお店は古い一軒家でなんとなく懐かしい匂いがする静かなギャラリーショップになっていました。
ちょうどガラス作家の木下宝さんと金工作家の坂野友紀さんの二人展が開催されていたのでゆっくり拝見。どちらもシンプルなデザインなのにすぅっと引き込まれる魅力がありました。



お次は大好きな恵比寿の「イコッカ」。たぶん、東京の中で一番好き。
お店の空気感や店主福地さんの気さくさはいつ行っても変わらず私に心地良さを与えてくれます。それでいて、そこにはいつも新鮮さがあって新しい何かを毎回発見して帰ることができるのです。



今回は「九州展」が開催されていました。箒に器、食品に木工まで九州の作家さんのものがずらりと並んでいました。ほしいものがたくさんありすぎて困っている私に、福地さんは丁寧にそれぞれの魅力を語ってくださりました。やっぱり、お店の雰囲気とか流れる空気というのはそこに居る人そのものなんだなと改めて感じます。
これからもずっと変わらないで居てほしい場所のひとつです。



休憩はこちらも大好きな原宿の「annon cook」で。
慣れた京都で一人お茶するのも得意ではないのに、ましてや東京でというのは私にとってはなかなかの試練なのですが、こちらはそんな私も気軽に入れるカフェの一つ。
安心して長居できるのでついつい寄ってしまいます。



本当はかぼちゃのロールケーキがお気に入りなのだけど、この日は売り切れ。
なので、バナナのケーキをいただきました。
牛タン定食をしっかり食べたのにまたこんなの食べてる〜と言われそうですが、たくさん歩いているし緊張もつねに(特に電車の乗り換えとかね)しているので意外とお腹はすいてしまうものなのですよ。



こちらも東京に行ったら必ず寄る「サンク」。
ビルの5階にある小さなお店なのだけど、北欧のものと日本のものが上手に組み合わさってディスプレイされている店内は参考になるものばかり。
今回も目を見開いてじっくり楽しみました。
ちなみに「サンク吉祥寺店」にも寄りましたが、私は原宿店の方が好きだな〜。



こちらはdosaの洋服からヴィンテージの器まで色々そろう表参道「QUICO」。
建物もなかなか面白いデザインです。dosaの洋服がずらりと並ぶ店内は洋服好きにはたまりません。



この日は堀井和子さんの「朝食+テーブル展」の最終日でした。
朝食をテーマに堀井さんらしいコーディネートが紹介されていました。
堀井さんが企画したプレートやガラスの器もありましたよ。

この後「ZAKKA」や「mina perhonen piece,toyo」などをうろうろしました。
なんだか一日だけでもけっこう満足なのだけど、私のmy map+にはまだまだ行きたい所が詰め込んであってとても一日では足りません。
というわけで、続きはまたのお楽しみ〜〜。



そうそう、この日の夜は水道橋の居酒屋「加賀屋」で初ホッピーと焼きトンを満喫。
東京へ行ったら必ず飲んで食べてみたいと二人で話していたのです。
こっちではなかなかお目にかかれないビールのようでビールでないホッピー。
なんとも不思議な感じでした。なぜ関西ではほとんど見かけないのでしょうねぇ。



こっちは焼きトン。焼き鳥とのれんがかかっても出てくるのは焼きトン・・・。これまたこっちではまだまだ少ないから不思議です。新幹線で2時間程度の距離なのに、こんなに食文化も違うなんて、なんだか面白いですねぇ。まだまだ知らない食べ物があるんだろうか。

Travel in Tokyo 16:01 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
facebook
facebook MA2
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS