MA2+

MA2の暮らしを綴る MA2+プリュス。
<< 桜三昧!! | main | 新緑の季節 >>
春の地鎮祭。
快晴の中、先日長岡京市で地鎮祭でした。
数日前に結婚式を挙げたばかりの若夫婦だったので、何かと忙しい日々やったと思います。
結婚式の準備に家の打合せに、今頃はちょうど新婚旅行に行ってはるからその準備に・・・、共働きだからお休みもなかなかないだろうし、落ち着く暇もなかったと思うのだけど、でも、無事にここまで辿り着けました。良かった、良かった。



そういえば、最近若いお施主さんが増えてきました。30代前半のお施主さんや、20代のお施主さんもいはります。
なんだかちょっとびっくりです。皆さん、若々しくてとても可愛らしい。
そりゃあ、私がつい先日41歳になったのだから、お施主さんが若くなるのは当たり前なのだけど、そうか、そんな年齢になったのか・・・と考えさせられます。
私自身、若い時と今とでは、もちろん家に対する考え方やデザインの好みも自然と変わってきたりするのですが、もっと身近な、自分の暮らし方という部分(こんな暮らしがしたいなーと思う部分)はあんまり変わらないし、そこには何かすぅっと1本の線が先まで続いているような気がします。なので、若いお施主さん達と話をする時に、いつも、どうやって暮らしていきたいかよく考えたらいいですよと話します。子供をどんな風に育てていきたいかとか、夫婦や家族の時間をどんな風に作っていきたいかとか、そう遠くない未来を自分達なりに想い描いてみると、家創りのヒントが見えてくるような気がします。それは、こうしたいなーとかでもかまわないのだけど、自分自身の暮らしの事、一緒に暮らす家族の事をちょっとだけゆっくり考えてみる、家創りはそういう時間も兼ねていて、忙しい日々の中、夫婦で自分達の未来の事をゆっくり話し合ういい機会でもあると思います。この先、何十年と住んでいく家になるのだから、自分達らしい暮らしが歳を重ねても続けられる家にしてあげたいなと思っています。
さあ、長岡京市のお施主さん達も、新婚旅行から戻ったら工事が本格的にスタート。
未来にいっぱい夢を詰め込んで、自分達の想い描く暮らしが自然とできる、そんな家になりますように。



お施主さんと同じ歳くらい、16年前の私。
新婚旅行先での一枚だけど、若いなぁ。こんな時があったんだなぁ。
この頃の私は、今の私を想い描いていたのかな。
Ma2 20:20 comments(0)
COMMENT









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
facebook
facebook MA2
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE


SPONSORED LINKS